わかさまは今日も移動中

旅行、山旅、出張、旅諸々

福島出張 復興は進んでます

年に何度かある福島出張、飯館村を通り福島第一原発近くまで行きました。

福島駅から朝早い出発なので、福島駅近くのビジネスホテルに宿泊。
福島駅周辺にはビジネスホテルが沢山あり、あちこち泊まりましたが、最近お世話になっているのがこちら、「グランパークホテル エクセル福島 恵比寿」です。 名前が長い!
f:id:backcountry13:20191015212946j:plain
福島駅から徒歩8分くらいと駅前ではありませんが、地下に大浴場があり大変くつろげます。
街中のホテルなので温泉宿の大浴場と比べてしまうと勿論見劣りしますが、たまたまなのかいつも空いていて、先客は誰もいないか、いても一人でした。
清潔ですし、出張で都市部に宿泊するのに大浴場に入れるなんて素晴らしい!
特に冬の出張時にはたまりません。
朝食も種類が多く美味しいです。
f:id:backcountry13:20191015214546j:plain
いつものラインナップですが・・・
フロント横には福島の地元新聞があり、旅先で必ず地元紙を読むワタクシにはありがたいです。
フロントロビーもコンパクトで清潔感があり、まずまずです。
f:id:backcountry13:20191015220856j:plain
f:id:backcountry13:20191015220924j:plain
部屋はごくごく普通です。
f:id:backcountry13:20191015223450j:plain

さてさて翌日は朝からレンタカーで飯館村経由の福島第一原発近くまで。
途中の飯館村には道の駅が出来、順調に復興が進んでいます。
f:id:backcountry13:20191015221150j:plain
復興に貢献すべく、こういう所でお買い物をして少しでもお役に立ちたいです。

取引先訪問も無事終わり、福島駅方面へ帰ろうとしたところ、ナビが見慣れない道を示していました。
あら?多少遠回りになるけど高速みたいな道が出来てたんですね。時間はこちらの方が早そうなので、ナビ通り新しい道を選択。
またまた道の駅があり、立ち寄りました。
f:id:backcountry13:20191015221724j:plain
f:id:backcountry13:20191015221754j:plain
食べ物屋さんが沢山あり、食事には良さそうな道の駅ですね。
時間があまりなかったので、お土産だけ買い福島駅へ。
急いでいた理由は福島駅にある福島名物、円盤餃子を食す為でした!
福島駅改札出口近くにある超有名店の照井です。
f:id:backcountry13:20191015222211j:plain
お昼過ぎの14時くらいに行きましたが、満席で二人待ちでした。
餃子目当てでしたので、餃子一点張りで。
f:id:backcountry13:20191015223106j:plain
餃子定食のようなメニューはなく、餃子半皿11個650円、ご飯230円とシンプルオーダー。
いやー美味しい!
旅先の名物を食す至福のひとときです。
充実の福島出張でした~

北陸旅行 ロイヤルスイート泊

遅い夏休みを8月下旬に取り、念願の金沢21世紀現代美術館へ行ってきました。
数年来の憧れ、涙が出そうになりました!
東京から車で松本、安房トンネルを通り、金沢へ。
そして能登半島を一周し、富山から再び安房トンネル、松本を通り東京へ。
二泊三日のロングドライブ旅。


兎にも角にも金沢21世紀美術館へ。
一番有名な、プールのようで表面だけ樹脂か何かで水の層を作り、中は人が入れる不思議な作品。
これを見たくて仕方がなかったんです。
どうやったらこんな作品を発想出来るのか不思議でたまりません。
f:id:backcountry13:20190914221039j:plain
f:id:backcountry13:20190914221549j:plain
上から中から散々眺め、大満足。


今回は能登半島一周がメインなので、足早に金沢をあとに。
宿泊は能登半島の付け根、石川県羽咋郡志賀町にある能登ロイヤルホテル。
ロイヤルスイートに泊まってしまいました。
人生最高の広さの部屋でした!
和室、茶室、ベッドルーム、広いリビング、トイレ2ヶ所、キッチン、家よりも広い浴室…
いやー広さと言い、快適さと言い、文句の付けようがありません。
f:id:backcountry13:20190914223222j:plain
f:id:backcountry13:20190914223307j:plain
f:id:backcountry13:20190914223409j:plain
f:id:backcountry13:20190914223501j:plain
ただの和室だけではなく、茶室と控え室が有る和室。ここだけでも普通の旅館以上の広さ。
f:id:backcountry13:20190914223820j:plain
リビングに和室の入口がありますが、まるで料亭の入口のような和室の入口。部屋の中なのに…興奮が止まらない!
部屋からは遠くに日本海を望むことが出来ます。
f:id:backcountry13:20190914224147j:plain
f:id:backcountry13:20190914224230j:plain

ロビー、フロントは普通ですね。
f:id:backcountry13:20190914224440j:plain
f:id:backcountry13:20190914230510j:plain
大浴場は内湯も露天も広く最高でした。

そして能登半島一周のハイライト、絶景棚田。
f:id:backcountry13:20190914224656j:plain
バエますね~さすがに。インスタやってませんが。

最終日は世界一景観の良いスタバがなんと富山にあるということでちょっと立ち寄り。
f:id:backcountry13:20190914224923j:plain
f:id:backcountry13:20190914225117j:plain
f:id:backcountry13:20190914225148j:plain
富山駅北側直ぐの運河にこんな素敵なスタバがあるんですね。

帰りがけに安房トンネル手前の奥飛騨新平湯温泉、ひらゆの森温泉で飛騨牛を堪能し、露天風呂でサッパリし、帰路に付きました。

能登半島と富山は観光素材は素晴らしいのに定番情報しかなく、勿体ないですね。
もっと新たな観光素材を発信すべきですね。
素晴らしい北陸旅行でした~♪

中国/上海出張にて

上海、浙江省出張へ。
中国出張へ行くと大体太って帰ってきます。
中華料理は安いのに美味しく、上海には日本式焼肉屋が多くあり、ついつい食べ過ぎてしまいます。
おまけに移動が多く座りっぱなしで、タクシーは安いので近場でもタクシー移動。
そりゃ太ります。
取引先工場へ行くと、よく工場の食堂での食事を誘われご一緒させていただきます。
これが結構美味しいんです。
f:id:backcountry13:20190831221621j:plain
工員さん達の胃袋を掴むため、料理の種類が豊富で味付けも手抜きしてません。
白米はイマイチですけどね・・・
お米も炊き方もイマイチですが、コストの兼ね合いがあって仕方ないことなのでしょう。
円卓で雑談しながら食べる楽しい一時です。
上海へ戻り、よく行く仙霞路×水城路の台湾食堂風のお店で腹ごしらえ。
f:id:backcountry13:20190831222204j:plain
只のチャーハンが激ウマなんです!250円。
時間もかからず安くて美味しく、何も文句はありません。
夜は焼肉屋「虎丸」へ。
f:id:backcountry13:20190831223021j:plain
日本より若干安いくらいですが、味は日本と変わりません。日本人経営なんでしょうね。

そしてそして日中ちょっと時間があったので、上海市内中心部からタクシーで、僅か20分の七宝(チーバオ)という古い街並みが残る所へ行き気分転換!
少しくらい息抜きしてもバチは当たらないかと。
f:id:backcountry13:20190831223433j:plain
f:id:backcountry13:20190831223547j:plain
f:id:backcountry13:20190831223623j:plain
夏は夕涼みを兼ねて夜に来る人も多く、食べ歩き用お店が沢山あるので、夜でも賑わってます。
というか夜の方が人が多い時があります。
食事と七宝ですっかり気分転換出来ました~♪

山旅 大菩薩嶺(山梨) & 強アルカリ性やまと天目温泉

上日川峠まで車で行き、ロッジ長兵衛からスタート。
f:id:backcountry13:20190803203739j:plain
f:id:backcountry13:20190803203700j:plain
上日川峠に第一から第三駐車場があり、第一と第二はロッジ長兵衛からすぐの場所にあります。
第一は12台、第二は30台くらいかな? 停められます。駐車場は無料。
土曜6時15分に着いて第一にたまたま停められました。
到着時の気温17℃。ひんやりして気持ち良い♪
第二駐車場にトイレあり。ペーパーもありました。(笑)
右手前がトイレ、奥が第二駐車場。
f:id:backcountry13:20190803204318j:plain
f:id:backcountry13:20190803204430j:plain
登り始め直ぐにアスファルト道路と登山道分岐がありますが、福ちゃん荘までは道路の方が良いですね。
歩き始めて15分で福ちゃん荘着。
f:id:backcountry13:20190803204643j:plain
f:id:backcountry13:20190803204734j:plain
ここで右に行く表登山道と、雷岩経由大菩薩嶺方面
分岐がありますが、雷岩方面の方が直登で急ですが、途中から眺望が良くなり富士山が見えるので良いですね。
表登山道は介山荘がある大菩薩峠まで森の中をひたすらユルい登りを歩くのでイマイチかな。
f:id:backcountry13:20190803205317j:plain
f:id:backcountry13:20190803205352j:plain
看板左から直登開始。
f:id:backcountry13:20190803205445j:plain
こんなカンジをひたすら30分くらい登ると
f:id:backcountry13:20190803205558j:plain
森が開け振り返れば霊峰富士山が。
f:id:backcountry13:20190803210144j:plain
そして福ちゃん荘から45分くらいで雷岩到着!
f:id:backcountry13:20190803210205j:plain
大菩薩嶺山頂は森の中にあり眺望は良くないので、雷岩が実質山頂みたいなカンジです。
標高2,050mくらい、到着時7時30分の気温22℃。
35℃の酷暑が続く東京に戻りたくなくなりますなぁ。
大菩薩嶺山頂。知らないオジサンがなかなかどいてくれませんでした(泣)
f:id:backcountry13:20190803210642j:plain
そして再び雷岩に戻り、少々岩場の稜線歩き。
ここが大菩薩嶺登山のクライマックスです。
いやー稜線歩きはやっぱり楽しい♪
f:id:backcountry13:20190803211001j:plain
f:id:backcountry13:20190803211025j:plain
f:id:backcountry13:20190803211107j:plain
f:id:backcountry13:20190803211137j:plain
f:id:backcountry13:20190803211200j:plain
介山荘のある大菩薩峠到着!
f:id:backcountry13:20190803211312j:plain
f:id:backcountry13:20190803211404j:plain
ここからユルい表登山道をひたすら下り上日川峠へ
f:id:backcountry13:20190803211525j:plain
f:id:backcountry13:20190803211631j:plainf:id:backcountry13:20190803211645j:plain
上日川峠から車で20分くらいの所にやまと天目温泉があります。ワタクシの大好きなアルカリ性温泉であります♪入場料510円。安い!
f:id:backcountry13:20190803211722j:plain
なんとph10.3の強アルカリ!
f:id:backcountry13:20190803212644j:plain
アルカリはタンパク質を溶かしますから肌がツルツルになるんですよ。ph10を越えるアルカリ性温泉は少なく、お湯が超ヌルヌルします。塩素に触れたぐらいヌルヌルします。
10時オープンと同時に入ったので一番風呂!
ホントはダメですが、写真を撮らせて頂きました。
f:id:backcountry13:20190803212548j:plainf:id:backcountry13:20190803212616j:plain
f:id:backcountry13:20190803212713j:plain
浴槽は露天が一つと内湯が3つ。
あまり大きくありません。
脱衣場も狭いです。
f:id:backcountry13:20190803212915j:plain
・・・が!、やはりph10.3はダテではない!
アルカリ性温泉好きにはたまらない温泉ですなぁ。
風呂上がりは大広間の休憩所あり、地場お土産売店あり、お食事処あり、充実してます。
f:id:backcountry13:20190803213416j:plain
f:id:backcountry13:20190803213437j:plain
f:id:backcountry13:20190803213509j:plainf:id:backcountry13:20190803213530j:plain
テラスもあり
f:id:backcountry13:20190803214614j:plain
そしてソファーにはワタクシが旅先で読む地元新聞紙もあり、完璧ですね♪
f:id:backcountry13:20190803214802j:plain

大菩薩嶺+やまと天目温泉、充実の山旅でした!

北アルプス 唐松岳 トレッキング

北アルプス唐松岳へ会社のメンバーと山旅へ。
曇ったり晴れたり目まぐるしく変わる天気でしたが、最高の山旅でした~♪
黒菱リフト乗り場に10時半到着。
金曜ということもあり車はまばら。
リフトを二本乗り継いで登り始めの標高1,830mの八方池山荘へ。
30分程度高地に体を慣らして登山開始。
登り始めて一時間くらいの八方池までは歩きやすい木道
f:id:backcountry13:20190728152930j:plain
途中雪渓はありますが、登山道には既に雪はなく、軽アイゼンを持参しましたが不要でした。
高地に体をならしながら途中休憩を多く入れ、3時間半で本日の宿泊先である唐松岳頂上山荘到着!標高2,620m。
f:id:backcountry13:20190728154001j:plain
いやー山荘が見えた時の安堵感と言ったら…
山荘って凄いですね。
ザックを置いてアタックザックの軽装で山荘から20分の唐松岳山頂へ。
f:id:backcountry13:20190728154731j:plain
標高2,696m。
ここから眺める唐松岳頂上山荘はカッコ良すぎます。
f:id:backcountry13:20190728155100j:plain
f:id:backcountry13:20190728155125j:plain
登山者のオアシスですね。
夕食が17時45分と、山荘の食事は早いので部屋へ。
f:id:backcountry13:20190728155335j:plain
今回は個室を取り、6畳に6人宿泊。
ギリギリ寝られました。
部屋が狭いので、皆さん廊下にザックを置いてます。
f:id:backcountry13:20190728155929j:plain
部屋と食堂からは雄大にそびえる剣岳が見え、北アルプスを堪能できます。
f:id:backcountry13:20190728155656j:plain
夕食はハンバーグでした。
食後は唐松岳剣岳を眺めながら夕焼け観賞。
ここまで登ってきて山荘に泊まって良かったとしみじみ思いました。
f:id:backcountry13:20190728155741j:plain
夜は満点の星空が見られる筈ですが、残念ながら雲っていて僅かしか見えず…
翌朝は晴れ渡り、これぞ北アルプス!という雄大な眺め!いつまでも見ていられ、何枚写真を撮ってもキリがないです。
雄大唐松岳
f:id:backcountry13:20190728160251j:plain
白馬の山々
f:id:backcountry13:20190728160855j:plain
この景色が見たかったから北アルプスに来てこの山荘に泊まったんです!
山に登らないと見れない景色ですし、これだから山登りをしてしまうんです。
山に登らない人は損をしているとは言いませんが、山に登る人は得をしてます。
何で山に登るのか?というありきたりな質問がありますが、これを見てしまったらまたまた登りたくなってしまいます。

朝食は6時30分から。
食事コールは夕食も朝食も15分前からあり、大体早く食べ始められます。
質素ですがご飯とお味噌汁はおかわり自由。
f:id:backcountry13:20190728161056j:plain
荷造りをして7時15分山荘出発!
昨日は雲って眺望の悪かった尾根がきれいに見えていて、こんな稜線を歩いていたのかと。
f:id:backcountry13:20190728161743j:plain

黙々と降り続け、9時40分にはリフト乗り場の八方池山荘へ到着!
白馬駅近くのお蕎麦屋さんで信州蕎麦を堪能し、最高の山旅でした~

上海泊 グランド メルキュール虹橋上海(上海虹橋雅高美爵酒店)

上海と浙江省へ出張。
上海ではいつものルイタイやANSHE が高かった為、ネットを凝視しながら一泊590元(9,500円)朝食付きのグランドメルキュール虹橋上海に決定。
長寧区仙霞路×古北路近くの仙霞路通りにあります。日本領事館まで歩いて五分くらいの所です。
f:id:backcountry13:20190721222427j:plain
通りにもホテル入口にもあまりホテルの看板がありません。
ちなみに現地人達はこのホテルのことを美爵の部分のみで、「メイジュエ」と呼んでいます。
タクシーの運ちゃんには仙霞路のメイジュエと言えば着きます。
今回ここに決めた理由はコストと立地ですね。
歩いて10分圏内に居酒屋や焼肉屋日本食、中華、飲み屋さんまでなんでもあります。
…ということで、日本人客だらけです。
フロントスタッフは日本語が出来るかわかりません。何となく出来なさそうなカンジでしたが。
地下鉄駅からはどこも歩いて20分はかかるので、若干不便です。
コンビニは仙霞路に出てから右に2分ほど歩くとローソンがあります。

部屋はサービスアパートメント風で、洗濯機、キッチンがあります。
f:id:backcountry13:20190721223050j:plain
f:id:backcountry13:20190721223135j:plain
f:id:backcountry13:20190721223214j:plain
ワリと広いです。カウンターもあり、食事や仕事がしやすいですね。
ドラム式洗濯機はありますが、洗剤はありませんのでご持参を。
f:id:backcountry13:20190721223807j:plain
ユニットバスとトイレはごくごく普通です。
f:id:backcountry13:20190721223737j:plain
シャワーの水圧が若干弱いのが残念。
チェックイン時に歯ブラシはご必要ですか?と聞かれます。
「要ります」としっかり伝えないと、部屋にはありません。コストを少しでも押さえようとしているんですかね。
朝食は種類は多いのですが、ホテルの格式のワリにはイマイチです。期待しないで下さい。
これなら威寧路駅にあるANSHE HOTELの方がよっぽどマシです。
ルイタイ(瑞泰)と大差ないかも…
なぜかくまモンとコラボしてました。
f:id:backcountry13:20190721224744j:plain
f:id:backcountry13:20190721224825j:plain
日本人客をもっと呼び込みたいんですかね??

このホテルが面している仙霞路がワタクシは大好きです。
大きなプラタナスの樹が通りを覆い、夏の強い日差しを和らげています。
f:id:backcountry13:20190721225145j:plain

ワタクシの上海のイメージと言えば、陸家嘴のテレビ塔や外灘の名建築でもなく、このプラタナスの通りなんです。
プラタナスの樹の下を、ゆっくり歩いているとアジアを感じることができます。
朝早く起きての散歩をオススメします。

上海リニア

中国出張で上海から帰国する時は、浦東空港虹橋空港にかかわらずタクシーが一番楽なので、タクシーで空港へ向かうことが多いです。
荷物を持たずに済みますし、今時上海ではタクシーにボラレることもありませんからタクシーが一番でしょうね。
しかしながら浦東空港の場合は、空港到着手前から混んでいることがよくあり、ちょっとイライラすることがあります。
そんなこともあり、時間に余裕があったので、気分転換にリニアに乗ってきました!
f:id:backcountry13:20190527224036j:plain
接近中
f:id:backcountry13:20190527224142j:plain
入線中
f:id:backcountry13:20190527224354j:plain
入線!

2004年1月から運行開始され、早15年。
運行開始されて直ぐに乗った時は真新しく斬新に感じましたが、車内は何も変わっておらず、座席シーツ?も所々ほつれもあり、だいぶ歴史を感じるようになってきています。
運行開始当初はたまに故障して止まっていましたが、最近はあまり止まることはないようです。
f:id:backcountry13:20190527230018j:plain
f:id:backcountry13:20190527230047j:plain

上海市内の地下鉄龍陽路駅から浦東空港までの約30kmを7分30秒で結んでいますが、公共交通手段としては中国では高めの40元(640円)なので、中国人はあまり乗りません。外国人観光客が多いですね。
上海市内他の地域から地下鉄で龍陽路 へは4~5元(80円)くらいですから、TOTALでも50元(800円)と、タクシーの1/4くらいで済みます。
f:id:backcountry13:20190527232649j:plain
f:id:backcountry13:20190527233256j:plain
なにせ7分30秒程度で着いてしまうので、発車してから最高速度431kmに達するまで僅か3分!最高速度に達してから1分程度で減速が始まります。

ありきたりな交通手段に飽きた人にはオススメですよー